クリスマスケーキには、イヤな思い出もあります。

クリスマスです。何やら街中が楽しい雰囲気につつまれている気がします。子供にとっては、プレゼントやらケーキやらお正月より楽しいイベントかもしれません。(^^)

私が小学生だった三十数年前の、我が家でのクリスマスケーキのお話。クリスマスケーキを買いに出かけることは、まずありませんでした。近所にケーキ屋さんがなかったこともありますが、学校給食でもらえたこともあり、それで十分満足していたのでした。私達の小学校では、給食センターに集まって給食を食べていたのですが、ある年のクリスマスイブ=終業式の日の給食でした。給食センターに入ってすぐ、テーブルに並んだ箱を見てみんなガヤガヤ。箱を開けてさらに大歓声。中味は……、

なんと20cmほどのホールケーキ。給食センターがガンバって用意してくれたようです。みんな大興奮、先生は落ち着かせるのにたいへんなご苦労です。(^^;)

「家に帰ってから食べなさい。」言われるまでもなく、その場で食べる子は1人もおらず、みんなワクワクしながらお持ち帰りとなりました。o(^_^)o

さて、家に到着、といっても我が家は共働き。両親が帰るまでは、祖父母宅で待機。

「ただいま。」と祖父母宅に入ると、自分の手にあるものと同じ箱が……。ケーキにうかれて忘れていました。私には2学年下の妹と2学年上の姉がいたのでした。ケンカすることなく、1人1個のホールケーキ。そんな豪華なケーキではありませんでしたが、丸々1個分けずに食べられるのは、たいへんなゼイタク。両親帰宅の連絡をもらうと1人1箱大事に抱えて、ウキウキしながら家路につくのでした。o(^_^)o
「ただいま~。」家の中へもうダッシュ、とはいってもケーキを崩さないよう慎重に、ケーキを見せようと両親のところへ。

「???」

テーブルの上に箱が2つ。しかも自分の手の中にあるものと同じ箱。

実はうちの両親は教員。当時は同じ町内の学校に勤務していたため、給食センターが同じ、なので同じケーキをそれぞれ持ち帰ってきていたのでした。食べる前は5つも積まれたケーキの箱に大喜び。しかし、そんな大きなケーキを小学生が食べきれるわけもなく、当然のごとく余ることに。(>_<)
結末は忘れましたが、3人で2個食べたかどうか……です。(T^T)
「しばらくケーキは食べたくない。」と思ったクリスマスの思い出です。

更新のお知らせ

ブログ(2019/05/11更新)

採用情報
(2019/03/12更新)

社員紹介

リフォーム事例紹介

(2014/08/27更新)

その他

(2015/11/26更新)

お問い合わせ

営業時間

8:00 ~ 17:00(月〜金)

 
住所:能美市大浜町
   ヤ65番地

電話:0761-55-0605

住所:能美市佐野町
   甲10番地
電話:0761-57-3377
 
住所:かほく市高松
   キ30-6番地

電話:076-281-2006

 

住所:金沢市鳴和町
   タ166番地

電話:076-252-2715

 

住所:小松市浜田町
   ロ64の乙

電話:0761-22-5093

 

住所:加賀市山代温泉
   11-109-1

電話:0761-75-7127

 

住所:野々市市新庄
   2-320番地

電話:076-248-4280

担当者イメージ
担当者イメージ