懐かしのボンネット型特急電車の思い出です。

小松駅を降りて、西口から「うらら」の裏を通って、線路沿いに金沢方面へ200mほど歩いていきますと、左手にこの風景が見えてきます。私にとって懐かしのボンネット型特急電車ですが、同じように感じられる方はたくさんいらっしゃると思います。柵があるため、乗ることはできませんが、外から見ているだけでも、時間がさかのぼり、昔のことが思い出されます。

北陸新幹線の開業まで、あと1年ほど。金沢東京間が約2時間半で結ばれます。同じ車両を使っていた特急「白山」が、かつて金沢上野間を約7時間かかっていた走っていたことを考えると、新幹線とはすごいものだと思わずにはいられません。
35年ほど前に、その特急「白山」に乗った時のお話です。

保育園の卒園式を終え、小学校入学前の春休み、祖父母と一緒に東京旅行に行きました。上野出発時には満席だった帰りの車内(一番後ろの車両でした)も、金沢駅近くになると、残っていたのは家族連れ3組。他の2組も両親と私と同じくらいの男の子の3人組でした。

「運転席に乗せてやるぞ~」

後ろの運転席から出てきた車掌さんが呼びかけました。それぞれの親たちに促され、子供たちは車掌さんの前に順番に整列。3人の中では一番大きかった私は一番後ろに。

「これは踏んだらダメやぞ。」

一言注意を受けた後、1人ずつ順番に運転席へ。後向きとはいえ、動いている電車の運転席に座ることができ、とてもいい思い出になりました。

実は私、乗り物酔いがひどく、片道7時間、しかもクネクネした山道を通る電車は大敵で、金沢駅に近づいた頃には、完全にグロッキーでした。しかし、車掌さんの一言で元気になり、運転席を満喫したのでした。

他の車両に乗っていた子供達は呼ばれていなかったので、イベントではなかったと思います。最後尾の車両に偶然いただけの特別待遇。つらそうな私の様子を見ていた車掌さんが、「電車を嫌いにならないでほしい」との思いから、楽しい思い出をくれたのかなと思います。

更新のお知らせ

ブログ(2019/10/04更新)

採用情報
(2019/10/16更新)

社員紹介

リフォーム事例紹介

(2014/08/27更新)

その他

(2015/11/26更新)

お問い合わせ

営業時間

8:00 ~ 17:00(月〜金)

 
住所:能美市大浜町
   ヤ65番地

電話:0761-55-0605

住所:能美市佐野町
   甲10番地
電話:0761-57-3377
 
住所:かほく市高松
   キ30-6番地

電話:076-281-2006

 

住所:金沢市鳴和町
   タ166番地

電話:076-252-2715

 

住所:小松市浜田町
   ロ64の乙

電話:0761-22-5093

 

住所:加賀市山代温泉
   11-109-1

電話:0761-75-7127

 

住所:野々市市新庄
   2-320番地

電話:076-248-4280

担当者イメージ
担当者イメージ